ブログ

賃金はコストか、投資か?

雇用情勢が悪化しています

 

昨日、発表された5月の完全失業率は5.2%になり、4月に比べて0.2ポイント悪化しました。

有効求人倍率も0.44となり、統計を取り始めて最低の水準に落ち込みました。

 

雇用関係の指標は、遅れて影響が現れると言われています。景気が悪くなっても直ちに悪化することはないけれども、景気が回復局面に入っても一定期間、悪化を続けます。政府の景気判断は、下落に歯止めがかかったとなっていますが、雇用に関しては、あと数カ月、悪い数字が続くと予想されます

 

企業は、売上が落ちてくるとコストを下げて対応しようとします。人件費はコストの一部ですから、当然、賃金削減が経営者の頭をよぎります。

 

賃金は、確かにコストです。しかし、将来に向かっての投資という側面もあります。コストの面を強調すれば、安ければ安いほど望ましいということになります。他方、投資の面を強調すれば、優秀な人材を確保して育てるには、他社に取られないだけの賃金を支払う必要があります

 

一般的に言って、賃金が低いと優秀な人材は集まってきません。低い賃金の会社には「それなりの人材」しかいないのが普通です。

 

企業の競争力は、他社とは違う製品・サービスを適正な価格で提供できるか否かにかかっています。そして、競争力を維持するには、「他の追随を許さない」ことが重要です。

 

このような製品・サービスを生み出すのは従業員の力です。他人の作ったデータではなく、自分の足で稼いだデータを使って、他社が気づいていない市場を見つけ出して仕掛けていく人材が求められています

 

このような人材を雇おうとすると、ある程度の金額を支払わなければなりません。「それは無理だ」というのであれば、他社との差別化によって競争力をつけることはあきらめざるを得ません。いつまで経っても、コスト競争の呪縛から逃れられないことになります。

 

ここで経営者の覚悟が試されます。高い賃金で優秀な人材を雇うのは「投資」です。投資には、うまくいかなかったときに損失が発生するかもしれないというリスクが伴います。しかし、このリスクをおそれていては、企業の発展はありません。

 

賃金をコストと見るのか、投資と見るのか?経営者の見識が問われる質問です

ブログメニュー(タップで開閉)open
再び100エッセー(42) 藤村100エッセイ(100) クロアチア(6) 事業仕分け(4) 働き方(35) 労働条件(5) 労働組合(5) 基本理念(2) 外国語(10) 社会のあり方(17) 職業能力(16) 雑感(18) 高齢者雇用(4)
アーカイブ
ページの先頭へ