ブログ

通訳こぼれ話

 このところ外国語ネタが続いていますが、今日も外国語に関する話です。というか失敗話です。

 

 1990年代、関西生産性本部の仕事でオーストラリアに続けて7年(年に1回)行ったことがあります。その最初の回での出来事です。まだ、オーストラリア英語に慣れていなかったこともあり、大失敗をしてしまいました

 

 シドニー大学の先生がオーストラリアの経済と社会について講義をしてくださいました。その通訳をしたのですが、最初につまずいたのです。

 

 

 その先生が、最初に、Australia and Japan are different in three ワイズ とおっしゃったのです。オーストラリアと日本は3つのワイズで違う。うぅん?ワイズって「賢い」って意味のwiseかな???

 

 通訳には、とっさの判断が求められますから、ワイズをwiseととって、「三つの賢さの点で違います」と訳しました。ちょっと変だなとは思ったのですが、そう言うしかありません。「そのうちに意味がわかるだろう」と鷹揚に構えていました

 

 5分くらい経ったとき、はたと気づきました。「そうか、ここはオーストラリアだ。ワイズはwiseではなくてwaysなんだ!」

 

 参加者のみなさんにすぐに謝りました。「ごめんなさい!間違えていました。3つの点で違うという意味でした。えらい、すんまへん。」

 

 大学の先生がオーストラリア訛りで話すとは思っていなかったので、waysに思いが行きませんでした。思い込みって、こわいなと思いました。

 

 本当は、最初に「ワイズって何ですか?」と質問すれば良かったのです。それを知ったかぶりをしてしまったために、かえって恥をかいてしまいました

 

 「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」と言いますが、本当にそうですね。「私にはよくわからないんです。申し訳ないけど教えていただけませんか」―何歳になっても素直に人に聞ける自分でありたいと思います。

ブログメニュー(タップで開閉)open
再び100エッセー(42) 藤村100エッセイ(100) クロアチア(6) 事業仕分け(4) 働き方(35) 労働条件(5) 労働組合(5) 基本理念(2) 外国語(10) 社会のあり方(17) 職業能力(16) 雑感(18) 高齢者雇用(4)
アーカイブ
ページの先頭へ