ブログ

メルボルン空港での荷物検査

長らくご無沙汰していました。東奔西走の日々を送りながら、何とか生きていますgood

 

いま、オーストラリアのメルボルン空港にいます。12,13日の2日にわたって高齢者雇用に関する国際学会が開かれ、日本の取り組みを報告しました。たくさんの質問が出て、楽しい議論ができましたsmiley

 帰国のためにメルボルン空港に来て、荷物検査を受けたときに問題が起こりました。「レーザーポインターを持っているか?」と聞かれたのです。報告のときに使うために持っていましたから「はい」と答えました。

 担当者は、私のレーザーポインターを持って責任者のところに聞きに行きました。数分して帰ってきた彼から「電池を抜いてほしい」と言われましたsign02

 数年前にレーザーポインターをパイロットに向かって照射した人がいて、それ以来、レーザーポインターの持ち込みは禁止されているというのです。これまで、いろいろな国で荷物検査を受けてきましたが、レーザーポインターが問題になるというのは知りませんでした。

 しかたなく電池を抜いて彼に渡しました。そうです。電池は没収されたのですcrying

 

 所変われば品変わると言いますが、予期しないことが起こるのが旅であり、それを楽しめるのが旅を快適に過ごすコツですwink

 

 日本に帰ったらすぐにヨドバシに走らないといけません。金曜日は、大阪で労組相手の講演がありますsign01

ブログメニュー(タップで開閉)open
再び100エッセー(42) 藤村100エッセイ(100) クロアチア(6) 事業仕分け(4) 働き方(35) 労働条件(5) 労働組合(5) 基本理念(2) 外国語(10) 社会のあり方(17) 職業能力(16) 雑感(18) 高齢者雇用(4)
アーカイブ
ページの先頭へ