ブログ

ソニーの電子書籍の威力

 数日前にソニーの電子書籍Readerを手に入れました。ずっと前から気になっていたのですが、年末だし、思い切って購入しましたsmiley

 この機器を購入した最大の理由は、古い小説をもう一度読んでみたいと思ったからです。夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介など、中学から高校時代にかけて読んだものを50代半ばになった目で再び鑑賞したいと考えましたbook

 

 広島の生家に帰れば、段ボール箱のどこかにこれらの作品の文庫本がしまってあるはずです。しかし、探すのが一苦労だし、たとえみつかったとしても読む気になるかどうかわかりませんfrown

 

 その点、ソニーのReaderは優れものですflair著作権の切れた作品約1500冊が無料でダウンロードできるのです。これなら手間がかからないし、何冊もの本を管理する手間もいりません。

 

 さっそく、森鴎外の『高瀬舟』、『寒山拾得』、夏目漱石の『門』、『彼岸過ぎまで』などをダウンロードして読みました。

 

 ゆったりとした感じがいいですね。時代を感じさせる情景や表現も至高の趣がありますconfident

 

 この年末年始は、100年前の作品に触れて、表現力を磨きたいと思いますpen

ブログメニュー(タップで開閉)open
再び100エッセー(42) 藤村100エッセイ(100) クロアチア(6) 事業仕分け(4) 働き方(35) 労働条件(5) 労働組合(5) 基本理念(2) 外国語(10) 社会のあり方(17) 職業能力(16) 雑感(18) 高齢者雇用(4)
アーカイブ
ページの先頭へ