教授プロフィール

藤村博之(法政大学教授)

法政大学教授 藤村博之

略歴・役職

1984年3月 名古屋大学大学院経済学研究科博士課程中退
1984年4月~90年3月 京都大学経済研究所序助手
1990年4月~97年9月 滋賀大学経済学部助教授、教授
1997年10月~2004年3月 法政大学経営学部教授
2004年4月~ 法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科教授

研究・活動履歴

1979年10月~81年9月 ユーゴスラビア政府奨学生としてザグレブ大学に留学
1982年9月~83年8月 ドイツフライブルグ大学に留学(文部省留学生)
1984年~85年 タイとマレーシアの人材育成について調査(小池、猪木両氏と共同)
1986年~1994年 ユーゴ労働者自主管理の調査・研究
1980年代半ば以降 日本の労使関係の研究を本格化
1995年11月 京都大学博士(経済学)『ユーゴ労働者自主管理の挑戦と崩壊』
1990年代半ばから 高齢者雇用の研究を開始
1990年~97年 日本生産性本部経営アカデミーグループ指導講師
1998年~ 同コーディネーター
2000年代 2000年代に入ると、管理職育成の研究に取り組む
2007年~ 厚生労働省中央最低賃金審議会公益委員
2008年~ 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構外部評価委員
2010年~ 社会保険労務士試験委員
2010年6月~ NPO法人人財育成ネットワーク推進機構理事長
2011年~ 公益財団法人東京しごと財団理事
2011年~ 公益財団法人関西生産性本部評議員

より詳しい活動の履歴が分かります。  研究活動小史(PDF)